劇団スタンド・バイのサイトへ

演劇サークル「サンカーント」

サンカーントとはフランス語で「50」という意味です。
演劇サークル「サンカーント」は、南大塚地域文化創造館で開催された平成19年度春期文化カレッジ「50歳からの演劇挑戦!!」をきっかけに、平成19年8月に誕生しました。
その後、サークルメンバーは秋期文化カレッジ「50歳からの演劇挑戦!!パート2」や、平成20年「演劇再挑戦!!『舞台で演じよう』『ステージスタッフに挑戦』」にも参加。そこから、50歳以下の会員も入会するようになりました。
平成25年10月の『亭主元気で』では、初めてメンバーによるオリジナル作品に挑戦し、その試みは平成25年5月の『コミュニティ』、10月の『待合室』と3公演続きました。
また、平成26年10月の『上演中止』では推理劇、平成27年10月の『女房のもくろみ』ではドラマリーディングとジャンルの幅も広げています。

~無事に終了いたしました。ご来場いただき、ありがとうございました。~
第19回公演 『ハッピー・ウエディング
10周年記念公演!メンバーオリジナル台本
サンカーント的結婚式は無事ハッピーウェディングになるのか?乞う、ご期待!
平成30年2月10日(土) 17時~ (南大塚ホール) ―入場料無料 -

高崎秀之(講師、劇団スタンド・バイ代表)

~ 「サンカーント」5周年の時のプログラムより ~
サンカーントとは50を意味する言葉です。発展途上にあるメンバーにはこれ以上ない名前かも知れません。常に50なのです。でも、確実に目指してはいます。51になり52になり、いつかは100になれるように。
まだまだ始まったばかり。あのアトムさえ九歳なのに、こちらはやっと五歳。その危ういがしっかりとした足取りを感じていただければ幸いです。
サンカーント。サークル名として随分おしゃれな名前だと思います。このサークルがなかったら、この言葉の意味を知ることはなかった。唯一覚えたフランス語です。
ちなみに、目指している100は決して年齢ではありません。